2017年03月27日

骨董屋の親父、さようなら



3月20日、骨董屋の親父は69年の生涯を終えました。

骨董屋の親父が肺癌の診断を受けたのは5年前。
癌に侵された片肺を切り落せばどうにかなると言われて
人生初の手術で片肺を切り落としたもののそうは問屋がおろさず。

抗癌剤で体内に残った癌をどうにかしようと目論んだものの、
進行を止めることは出来ず、抗癌剤の影響で衰弱する一方。
ガタイの良かった親父が細く変わり果てた姿を見た時、
息子は心の中で涙を流し、「コレは悪い夢なんだ」と思いました。

2年前に医者からは「もうどうしようもありません」と言われたので、
電気治療に切り替えて癌に対抗を試みるも、
肉体的に衰えた身体では太刀打ちできなかったのか、悪化の一方。

肉体的に芳しくないということで3月13日に入院し、
状況の改善を試みたものの20日に事態は急変し、
結局そのまま帰らぬ人となってしまいました。

現役引退後、好きだった由布岳の見える湯布院に移り住み、
好きだった骨董品を売りながら余生を過ごす事を決めた父上。
金鱗湖の近くの小さな骨董品屋は少しではありますが客が訪れ、
退屈ながらも楽しい日々を送っていたようでした。

しかし予想しなかった肺癌に身体を蝕まれてからは事態は悪くなる一方。
大好きだった煙草を辞める羽目になり、
食う事が好きだったのに食い物も受け付けない体になり、
骨董品だけを心の拠り所としながら生きながらえようとはしたものの、
結局病には勝てず、この世を去ることになりました。

退職してからの9年間、後半は身体も思うように動かず、
店を営むのもままならない状況ではありましたが、
骨董品屋を好き勝手にやらせてもらいながら生きることが出来た人生、
悪くはない人生だったんじゃなかろうかと思ってやりたいです。

骨董屋の親父が居なくなった今、店の商品だけが取り残されている状態です。
親父が手塩にかけて集めた骨董品、このまま処分するのも忍びないですし、
何よりも骨董品が好きな人に少しでも渡ってくれた方がいいだろうということと、
母上が暫くは湯布院の方に住みながら、たまに福岡に帰る生活をすると言うので、
四十九日が終わる5月の連休以降ぐらいには
店を再開することになるはずです。
  
Posted by 骨董屋「和」の息子 at 01:51Comments(1)

2017年03月20日

3月20日の記事

本日、骨董屋の親父が亡くなりました。
詳しい話は葬式が終わり、気持ちが落ち着いてからお話します。  
Posted by 骨董屋「和」の息子 at 16:15Comments(2)

2017年03月18日

3月18日の記事

どうも、病弱な(?)父上に代わって商品紹介をやろうと意気込んだものの、
知識が乏しすぎて屁も、もとい、手も足も出ない息子です。

しかしそれ以前にメインパソコンがぶっ壊れたんで、
以前撮影していた店の商品の写真をアップできない状態だったのです。
ところがこないだ、久しぶりにぶっ壊れたパソコンを起動させたら、
何の気まぐれか普通に起動したんで急いで写真データを救出しました。
というわけで今後もボチボチではありますが更新していきたいと思います。



今回紹介する品は大聖寺 伊万里 赤絵落ちという皿です。
直径30cm(1尺)ぐらいのものです。
天皇陛下万歳な息子的には菊の御紋が入っているのに惹かれます。



青い色と白を基調とした皿なので、何を盛り付けても映える柄ではあります。
タイやヒラメなどの白身の刺し身でもよし、カツオやマグロでもよし。



ところでこの皿の名前にある“赤絵落ち”と言うのはどういう意味なのでしょう?
父上に聞いてみれば解るんでしょうが、最近は我輩と喋るのもだるい模様。
店に来てくれたお客さんならノリノリで話すんでしょうがね。  
タグ :焼き物

Posted by 骨董屋「和」の息子 at 09:09Comments(0)

2017年03月03日

湯布院の春はもうすぐそこまで

湯布院の春はもうすぐそこまでやってきているようです。

朝夕はマイナスを記録する気温の日もありますが草花などの自然は

敏感に季節を感じ取り花を咲かせます。





キャラバン珈琲の庭にある八重紅梅の古木も満開を迎えようとしています。

大好きなコーヒーを飲みながら花を愛で、飛来する野鳥に心が癒されます。

今日もリハビリを兼ねてコーヒーを飲みにやってきました。

駐車場からキャラバン珈琲の店までたった100メートル足らずの道程に

疲れを感じるようでは元ワンゲル部員としては嘆かわしい限りです。





これまで紅梅の日々の変化を楽しんでいましたが、

店を移転したので週に1~2度しか見ることが出来ません。

それでも草花が日々輝きを増す季節は楽しく心が躍ります。




こっとう和の庭先にあるバラも新芽が覗いています。

ゴールデンウイーク頃になると花盛りになります。

新店舗の場所が分かりにくいせいでお見えになるお客様もまばらです。

皆様のお越しをお待ちしています。  
Posted by 骨董屋「和」の息子 at 22:45Comments(0)小話

2017年02月16日

2月16日の記事

最近パソコンの調子が思わしくなく、更新が滞ってしまいました。
電源ユニットを交換したというのに、不愉快になるほど電源が切れます。
ソレはソレはもう、全盛期の頃の父上と同じぐらいブチブチ切れます。

しかし何でしょうな、パソコンの寿命って5~6年が限界なんでしょうかね?
それとも、ハードに使いすぎて寿命が短いのでしょうか?

さて、今回紹介するのは“猪口”。
いやね、本当はこの記事、バレンタインデーにアップする予定だったんですよ。
“猪口”と“チョコ”をかけるというダジャレで、ね。

そしたら上述のようにパソコンの電源が勝手に切れまくって、
アップどころではなくなって結局更新が2日遅れてしまうという体たらくです。

我輩は下戸の父上の血を如実に引き継いでいるのか、
少々の酒を煽る程度でかなり泥酔してしまうのですが、
身体とは裏腹に酒は大好きです。
とは言っても、基本洋酒専門なんですがね。

日本酒はそこまで好きではありませんでしたが、
青森に転勤して旨い日本酒があることを知り、
それ以来、日本酒の虜になってしまいました。
とはいえ、安い日本酒よりは高い日本酒、
精米歩合が50%以下のものが好みですね。



そんなわけで今までは父上の店でこのような商品を見つけても、
あまり食指が湧かなかったのですが今ではこういうのが欲しくて仕方がありません。
料理や酒は器が良いほど、旨く感じられるものなんです。



オサレな店に行くと、大抵は洒落たグラスで酒を出してくれるのですが、
透明な液体を透明のグラスに注がれて出されても面白みがないんですよ。

だからといって、色付きの硝子の器に注がれると、
日本酒独特のほんのりとした色付きが認識できずに面白くない。

我輩的には日本酒はこういう器で飲むのがいいと思うのです。
冷たい日本酒を暖かみのある土の器で楽しむ。コレがいい。
黒い器だと日本酒それぞれの色合いは楽しめないのが残念ですがね。



酒の色を楽しみ、尚且つ温かみを感じたいならこういうのがよろしいかと。
我輩は熱燗よりも冷で飲むのが好きなのですが、
こういう風合いの猪口ならどちらでも合うと思います。

因みに我輩の一番好きな日本酒は“豊盃”という
弘前の酒造が出しているお酒なのですが、
悲しいことに九州で豊盃を取り扱ってくれる店、未だに見つけておりません。

ま、我輩が住んでいる宮崎県は焼酎王国なんで、
日本酒のシェアが物凄く狭いのは理解しているんですが、
こういう器で飲むなら焼酎よりも、やはり日本酒だよなぁと言うのが個人的な意見。  
Posted by 骨董屋「和」の息子 at 22:43Comments(3)商品の説明